ノベルティグッズを発注する時は画像データを完璧に

法人がノベルティグッズを専門店に発注する必要が出た時には、ネット上で運営している専門店を利用する方法が現在では主流です。

非常に豊富なアイテム数を誇る専門店が多く、単価は驚くほど安いものからある程度高額なものまで自由自在に選べる便利さが人気です。発注するには法人の場合は、名入れを施すことを希望することが多く、名入れ手順は各専門店で若干の違いがあるので事前にサイト上を確認してから利用する専門店を決めることが最適です。ノベルティグッズに名入れする法人は、社名や会社のロゴ、会社のキャラクター画像や商品名などを入れることが多いのですが、殆どのノベルティ専門店で完全データを求めているので少しの知識は必要です。

完全データはその名の通り、完成されたデータでそのまま名入れを施す重要なデータです。多くの専門店でillustratorで作成したデータを求めていることが多く、社内でソフトを扱える人材がいれば自社内で完全データを作ることが前提です。とある専門店では、illustratorを持っていない法人に対して、同じ形式のデータを作成できるように、簡素化したソフトを無料で配布していることがあります。

持っていてもテンプレートをダウンロードすることで、簡単にデザインを作成できるように工夫した専門店まであるので、事前確認は必要です。テキストのアウトライン化やカラーモードをCMYKに設定するなど、付随する細かな指定も行われています。グラフィックソフトに慣れている方は苦労せずに簡単に作成できますが、グラフィック関連を得意にするデザイン事務所や印刷会社にデータ作成を任せる方法も視野に入れると完璧な仕上がりを実現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *