社名を知ってもらうのに役立つノベルティ

中小企業にとって、企業の商品やサービスを紹介することができるイベントは、販売促進のまたとないチャンスです。

会場内には同業他社が多数参加しているので、普通のことをしていては顧客に印象付けることは難しいかもしれません。より自社のサービスを目立たせるためにも、ノベルティの活用をおすすめします。ノベルティとは記念品や販促品といった意味合いを持つ商品のことで、来場者に配ることで自社サービスを知ってもらうという目的があります。ただパンフレットを配るだけでは後から見返してもらう機会は少ないかもしれませんが、ノベルティならば普段の暮らしの中で使うことが多く、目にする機会を増やすことができます。実用的な側面を持つので、販促効果は非常に高いと言えます。

会社名を覚えてもらうにはボールペンなどが良いかもしれません。ボールペンは業務でも使うことが多く、渡しておけば様々な機会において社名を見てもらうチャンスが増えます。電話番号などの連絡先も同時に記しておけば、何かアクセスを取りたいといった場合でもすぐに連絡がつくことでしょう。ボールペンの良いところは使う機会が多いだけではありません。価格が非常に安く、ノベルティの中でも費用対効果に非常に優れているからです。せっかく魅力的なノベルティを作成しても、使われる機会がほとんどないのでは意味がありません。その意味でも使用されることの多い筆記具は定番と言えるでしょう。大量に発注すればさらにコストも安くなるのでお得です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *