ノベルティの持っている費用対効果

企業は継続的に利益を続けなければ経営が困難になってしまうため、売上を高めることをとても重要視しています。

このような理由から扱っている商品やサービスを顧客に広く知ってもらうための宣伝活動を積極的に展開していて、メディアを使ったコマーシャルには巨額の費用を使っている企業も少なくありません。コマーシャルは多くの視聴者に対して瞬時に情報を提供できるので、時間をかけずに企業が知って欲しい内容を認識してもらえるという効果があります。しかし、コマーシャルは一方通行で見ている人がどのような人なのかわからず、しかも、確実に意識して記憶してもらっているのか判断ができないというデメリットがあるでしょう。宣伝したい商品やサービスは年齢や性別に関係なく知って欲しい場合もありますが、特定の人物像をターゲットにすることもあります。

そんな時に効果的なのがノベルティであり、企業が宣伝したい内容を印刷した物品を直接的に配布できるので、特定の人物だけに情報を提供できます。ノベルティは日用品や文房具などの比較的安価な雑貨に宣伝したい内容を印刷したものであり、地域を限定してそこにいる人に配布したり、一定の条件を満たした人をターゲットにすることが可能です。これがノベルティの持っている最大の費用対効果であり、使用できる物品であるので目にする機会も多くなっていて、無意識に情報を認識することにも繋がっています。ノベルティは特別に生産したり印刷を行うので手間がかかりますが、今でも行われているのは一定の効果が認められているからです。コマーシャルに対して多大な効果があるのは認められていますが、個別の人物を対象にするのであれば、ノベルティの方が効率が高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *